腰痛持ちさん必見!手術回避の救世主!~前編~

豊かな人生のために

診断結果は「坐骨神経痛」

いのしゅけ、長年腰痛を患っておりました。

あれは高校卒業する頃だったでしょうか?
右足の太腿の後ろからふくらはぎにかけて電気が走るような痛みがあり整体や接骨院といわれるところに何度も通いましが根本治療には至らず違和感はあるものの激痛を伴う痛みはありませんでしたのでそのまま放置しておりました。当時はその症状と「坐骨神経痛」と言われました。

治療せず放置で痛みが緩和

なんとかだましだまし運動もほどほどに無理をしない生活を続けていたら痛みともうまく付き合えるようになり20代前半の頃にはフルマラソンを2度感想するくらいに回復していました。
タイムは2回とも3時間30分までに走り切り、なんとか歩かずに完走するまでになっていたのです。
しかい、今から思うと痛みが減ったとはいうものの痛みとうまく付き合っているだけでなんの根本治療も行っておらず、爆弾を抱え込んだままの状態だったと言えます。

最高のスポーツとの出会い

そしてある日、友人にロードバイクを進められあっという間にロードバイクの魅力に引き込まれていったのですが…
そこからが悲劇の幕開けとなったのです。

ロードバイクは自分の足で歩くよりも走るよりも速く進むことができるので風景の移り変わりが次々に変化し景色を堪能しながら運動ができる最高のスポーツだと思います。
それが楽しくて楽しくて猛練習を行っておりました。

ついに悲劇の幕開け

多少体力に自信のあったいのしゅけですが体はそんな過酷な運動に耐えきれるくらいタフではありませんでした。遂に「坐骨神経痛」が再発してしまったのです。

誤解を招くといけませんのでロードバイク=誰でも坐骨神経痛や腰痛になるということではありません。
おそらくいのしゅけはあのロードバイクの鋭利なサドルによって骨格が歪んでしまった、腰痛の原因の1つはロードバイクのサドルであろうと推測されるということです。
(本当かどうかはわかりませんがロードバイクが原因で腰痛になる人は少ないと友人は言っておりました。)
ここで振り返ってみると初めて坐骨神経痛を患ったときも通学に自転車を使っていましたので「自転車」のいう乗り物がいのしゅけの体に合っていないのかもしれません。

それからというもの、ずっと立っていられなくなるくらいの痛みが断続的に続くよになりいよいよ仕事にも影響を及ぼしてしまいそうだったので藁をも掴む思いで整体探しが始まったのです。

素晴らしい整体師との出会い

そこで見つけたのは「ベクトル整体院」という少し怪しげなホームページを発見しました。
「ベクトル」の意味が分からなかったので怪しいげだと感じてしまったのかもしれません。

今の自分に満足してますか?人生が思うようにいってないなら原因があるはずです。体に歪みがあると考えた通りに体が動きません。うまく行かないプログラムがされているなら、当然、うまく行きません。頭がい骨を含め、骨格に歪みがあると、いろいろな病気を引き起こします。メンタルにも影響します。原因を突き止め、調整したいと思いませんか?

ホームページには「原因を見つけ根本から治療を行う」という意味の記載があったので迷わず電話をしてみると「我慢できないくらいの痛みならすぐに来てください」と言っていただきすぐに診ていただけることになったのです。

~後編に続く~
後編では実際にどの整体師に診てもらうのがいいのか腰痛を患った経験から解説します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました