【サラリーマン向け】結局、医療費控除っていくら返ってくるの!?

豊かな人生のために

保険の見直しもとりあえずは大きく節約できるところは片付き、一息つきたいとことろですが...さぁ、確定申告の時期になりました。
昨年は子どもがよく歯医者に通院したり風邪をひいたりして病院に行く機会が多かったので医療費が結構かかりました。そこで確定申告の時期ということもあり医療費控除について調べてみました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

医療費控除のすべてがわかる本 (令和3年3月申告用) [ 藤本清一 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2021/2/17時点)


そもそも医療費控除とは

医療費控除とは、納税者本人または生計を一にする配偶者その他の親族の医療費を支払った場合に適用となる所得控除の中の1つです。

注意事項

医療費控除を受けるためには、確定申告時に医療費控除の明細書の添付が必要です。
また、医療費の領収書は自宅で5年間保存することもお忘れなく。
医療費は支払った年に控除の対象となります。つまり、年末に未払いの医療費がある場合は実際に支払った年(来年)の医療費控除の対象となるということです。

結局、還付金はいくらになるの?

「医療費控除で手元にいくらお金が返ってくるのか」が1番気になるところです。
次の3ステップに分けて順に計算していきましょう。

Step1 医療費控除額を求める

まずは医療費控除額を算出しましょう。
計算式は
医療費控除額=支出した医療費の額ー保険金等の額ー10万円
となります。
※控除額の上限は最高200万円
※保険金等の額とは健康保険や生命保険などからの給付金を指します。
※総所得金額が200万円未満の場合は総所得金額×5%

Step2 課税所得をもとに所得税率を確認する

次に所得税率を確認します。所得税率は、課税所得額に応じて決められています。
課税所得を求める計算式は
課税所得=総所得(年間の収入-給与所得控除)-各種所得控除

となります。
課税所得とは、年間の総所得金額から各種所得控除を引いた金額のことをいいます。

総所得は年間収入から給与所得控除額を差し引いて求めます。
給与所得控除額は、収入に応じてあらかじめ決められています。
所得控除は、社会保険料控除(年金・健康保険・雇用保険などの保険料)、配偶者控除(控除対象配偶者がいて合計所得金額が900万円以下の場合に38万円)、生命保険料控除(生命保険・医療保険などの保険料のうちの一定額)などがあります。

サラリーマンの場合、総所得や通常の所得控除については会社が計算してくれます。
毎年、給与や賞与額の確定後に会社からもらう「源泉徴収票」の「給与所得控除後の金額」が総所得に、「所得控除の額の合計額」が各種所得控除額となります(給与所得以外の所得が無い場合)。

この課税所得が分かったら、それに対応する所得税率を確認しましょう。
以下の表は課税所得の区分に応じた所得税率をまとめた表になります。

課税総所得額税率控除額
195万円以下5%0円
195万円を超え 330万円以下10%97,500円
330万円を超え 695万円以下20%427,500円
695万円を超え 900万円以下23%636,000円
900万円を超え 1,800万円以下33%1,536,000円
18,000,000 円以上40%2,796,000円
4,000万円超45%4,796,000円

Step3 医療費控除額と所得税率を掛け合わせる

最後に、医療費控除額と所得税率を掛け合わせます。その金額が、医療費控除の申請で手元に戻ってくる還付金の目安となります。
還付金を求める計算式は
還付金=医療費控除額×所得税率
となります。
「所得控除の合計額」に医療費控除額が加わることで、その金額分だけ課税所得が少なくなり、当初に適用された税率に応じて税額も少なくなる=差額が返ってくるという仕組みです。

ケーススタディ

Step1~3を踏まえて次のケースの還付金を求めてみます。

支払った医療費の総額…30万円
医療保険から受け取った給付金…10万円
年間収入…500万円
所得控除の合計額(医療費控除以外)・・・100万円

Step1 医療費控除額を求める

30万円(医療費の総額)-10万円(保険金などで補てんされた金額)-10万円10万円(医療費控除額)

Step2 課税所得をもとに所得税率を確認する

500万円(年間収入)-150万円(給与所得控除額)-100万円(所得控除の合計額)=250万円(課税所得)
※課税所得が250万円の場合、所得税率は【195万円~330万円】に該当するので10%

Step3 医療費控除額と所得税率を掛け合わせる

10万円(医療費控除額)×10%(所得税率)=1万円(還付金

※復興特別所得税が加算していませんので上記とは多少異なります。
※医療費控除が加わることで課税所得が少なくなり、最終的に所得税率が変わる場合、実際の還付金額は上記と多少異なる場合があります。

医療費控除の対象となるもの

  • 医師または歯医者での診療費、治療費
  • 治療または療養に必要な薬代
  • 治療のためのマッサージ代、はり師、きゅう師による施術代
  • 出産費用
  • 通院や入院のための交通費
  • 人間ドッグ、健康診断の費用(重大な疾病が見つかり治療を行った場合)

医療費控除の対象とならないもの

  • 入院時の洗面具等の身の回りの購入品
  • 美容整形費用
  • 病気予防、健康増進等のための医薬品代や健康食品代
  • 通院のための自家用車のガソリン代
  • 電車やバスで通院できる圏内のタクシー代
  • 自己都合の差額ベッド代
  • 近視や乱視のための眼鏡代やコンタクトレンズ代
  • 人間ドック、健康診断の費用(上記以外)等

セルフメディケーション税制とは

健康の維持増進および疾病の予防を目的とした一定の取組みを行う個人が平成29年1月1日~令和3年12月31日までに本人または生計を一にする配偶者その他の親族にかかる一定のスイッチOTC医薬品の購入費を支払った場合で、その年中に支払った金額が12000円を超えるときは、その超える分の金額(上限88000円)について総所得金額から控除することができる制度で

控除額=支出額ー12,000円※控除額の上限は88,000円

と表せます。
この特例を受ける場合は現在の医療費控除を受けることはできないので注意が必要です。

「健康の維持増進および疾病の予防を目的とした一定の取組み」とは

  • 特定健康診査
  • 予防接種
  • 定期健康診断
  • 健康診査
  • がん検診

をいいます。

OTCとは?

OTCとはOver The Counter(カウンター越し)の略称で、ドラッグストア等で販売されている薬をOTC薬と言います。

スイッチOTC薬とは?

スイッチOTC薬とはもともとは医師の判断でしか使用することができなかった医薬品が、OTC薬として販売が許可されたものをいいます。

まとめ

医療費を支払った分が所得控除を受けられるとあってどのくらい手元に返ってくるのかといったところが気になるところです。次の3Stepの手順を踏んで一度確認してみてはいかかでしょうか。
Step1 医療費控除額を求める
Step2 課税所得をもとに所得税率を確認する

Step3 医療費控除額と所得税率を掛け合わせる

また、確定申告が近づくと健康保険組合から「医療費のお知らせ」などの封書が届くと思いますが医療費控除の対象となる額は「あなたが窓口で支払った額」になりますので注意が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました